マトリス 300RTK

測 量

UAV測量

UAV測量の魅力

工事写真から竣工写真、土量計算そして三次元測量・森林計測と多用性にあふれる測量が可能です。最近は国土交通省より発行されたマニュアルから、RTKを用いることにより外部評定点を打たなくてもよくなり、ますます省コスト、時間短縮でUAV測量が可能となりました。UAVでの測量がより魅力となっています。

マトリス300RTKによる
UAV測量 の特徴

今までの機体(phantom4)で測量した場合、公共測量用のGSDを出す時は、36Mの高度で飛ばす必要があり、写真枚数も増え、飛行時間も長くなっていきますが、弊社のドローンマトリス300RTKはフルサイズセンサーのカメラが付いており、公共測量用のGSD1㎝を高度80Mでクリアでき、写真枚数を抑え時間も短縮することが可能です。

ですので画像処理が早く終わり、仕事効率が格段に上がります。

弊社マトリス300RTKと
今までのドローンとの写真枚数の違い

150M四方の写真枚数の違い

Phantom4 RTK

 写真枚数 304枚

 飛行時間 約12分30秒  

弊社ドローン マトリス300RTK

 写真枚数 164枚  

 飛行時間 約7分40秒    

約40%の抑制が可能

料金表

         ¥825,000(税込)

撮影時間:1日

※出張費・交通費は別途いただきます。

※料金は撮影難易度により変動いたします。

 

                 ¥1,650,000(税込)

撮影時間:1日

※出張費・交通費は別途いただきます。

※料金は撮影難易度により変動いたします。

 

PAGE TOP